■全国ノーバディズ・パーフェクト(NP)ファシリテーター交流会(2015年6月14日)は休日にもかかわらず、全国からNPファシリテーターが参集し無事終了しました。日ごろの実践を踏まえたそれぞれのリソースをわかち合い、皆さん元気を得て帰路につきました。その後、東京トポスの会を中心にNP実践事例集をまとめており、本年春に出版予定です。 
■支援者対象研修 0歳児の愛着を育てる「コミュニケーションスキル」講座、「1 歳からの関係作り『気になる子』への対応」講座(2017年3月4日)は休日にもかかわらず、全国からご参加くださり誠にありがとうございました。 
■2017年度の講座の予定が決まりました。詳細はこちらから
子ども家庭リソースセンターは、子ども・家族を応援する人々、子育て支援者、保育者、研究者、臨床心理士などで構成する非営利活動団体です。
その活動の目的は:
 1.親育ち支援

 2.子育て家族支援者の養成

 3.離婚や死別を経験した子どもや大人の心のケア

 4.子育て家庭にやさしい地域づくり    です

孤立せず、支えあえる子育てを実現する。「誰も完ぺきではない」からこそ、学びあい、支えあって親になります。赤ちゃんとのコミュニケーション力や親としての自己肯定感を高めるプログラムを実施します。
母親だけではなく父親の子育ても応援します。
子どもたちが、育つときに育てることを学ぶ「親準備教育」の普及に努めます。乳幼児とふれあい、育ちを学びながら、命の大切さを知り、人への共感性を育みます。
親の離婚や虐待などに直面し、安全で安心、愛される環境にない子どもたちや、自然災害に遭遇した被災者などを対象とする心のケアプログラムを提供します。
子育てに戸惑う親たちに寄り添える支援者を増やして、支え合いの子育てができる地域づくりに努力します。

  子どもの健やかな育ちを目指し、子育て家族支援のために、

   1.養育者の支援や子育て家族支援者の養成に取り組みます

   2.心のケアの必要な子どもや大人の支援をします

   3.子育て環境としての地域づくりを目指します

コメントは受け付けていません。